Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

トイプードル

トイプードルの目が開いた。。。

目が開きました!
写真を撮ろうとするとみんなお尻を向けてしまい、なかなかこちらを向いてくれない。。
声をかけてもまだ通じないし。。。。で、何度撮ってもこんな画像しか撮れませんでした。この頃は天使ですよね〜。触り心地もまだフニャフニャでマシュマロのようですときめき。まだ可愛いというよりは宇宙人のようですが、ママは小顔で可愛いし、パパはカナダチャンピオン王冠2なので、可愛い良い子に育ってくれることと思います。男の子は1頭ご予約入りましたが、他の子はシュナウザー同様募集中です揺れるハート
レッド系のトイプードルは、うちは7年以上前から扱ってます。当時はお勧めしても”プードルなんて水商売のイメージ”とかで敬遠される方もいました。それが5年ほど前から異常な人気で商売上手な方々が産めよ増やせよ・・・と、それまでプードルの専門犬舎というとドッグショーをする方くらいだったのに訳の分からないプードル専門犬舎の数が恐ろしいくらいたくさんできました。さも何十年もプードルを扱ってるような薀蓄満載で・・。びっくりきっとそのようなところは別の人気犬種がでると違う専門犬舎になるんでしょうね唖然

JUGEMテーマ:トイプードル


  • 2008.03.18 Tuesday
  • 14:47

-

スポンサーサイト

  • 2019.11.12 Tuesday
  • 14:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
こんにちは。チビちゃんがいっぱいでほほえましいですね♪
私も自分で調べてみようと思い、半年以上色々なHPや情報や、店舗を見ていますが、本当に色々なところがあり、自分でここで迎える!と思えるようなところをみつけるのはなかなか大変なのだなと思っています。
なにも考えない乱繁殖で生まれる命や、親犬たちへのひどい扱いは本当にやめて欲しいですね。
  • nao
  • 2008/03/18 3:18 PM
naoさんへ

いつもコメントありがとうございます。

仔犬は、母犬の発情時期が重なるので、いるときはいる、いないときはいない・・・って感じなんですよね。
どこもそうですが、夏場だけは仔犬の管理も大変ですし、お問合せもほとんどないのでいないことが多いですね。

世の中、色んなブリーダーやショップがあると同様、色んな考えの飼い主さんもいるんですよ。鶏が先か卵が先かの話になるんでしょうが、価格で勝負するには、乱繁殖をして、親犬の管理を落とさないとできないんですよね。あと安いブリーダーの多くは6歳くらいから処分(里親を含め)してるところが多いですし、フードの質を落とす方もいます。奇形児が産まれたので、フードの質を少し上げた・・・という話も100頭くらい繁殖してる方から聞いたこともあります。犬だって人間同様、医食同源ですからね。
ケリーさんこんにちは☆

お引越しされたんですね。

すこしだけ、遠くなってしまいなんだか寂しいです(笑)

そしてブログも始められてびっくり!

これからたくさん遊びにきま〜す♪
mauru(s)ママさんへ

ご無沙汰してます!
いつも読み逃げですが、マウルス君と蒼ちゃんの成長を楽しく読ませていただいてます。

そう、引越ししたんです。。。
流石に手狭だったもので。。。
かかりつけの獣医さんが洗足なので、田園調布、武蔵小山、鵜の木あたりも当たりましたが、多頭飼いに対して不動産屋さんがとても冷たくて(笑)。
とても親身だったのが、二子玉や成城の不動産屋で一生懸命探してくれました。
これからもマウルス君のブログ楽しみにしてます!

いえ、こちらこそいつも楽しみに拝見させていただいてます。

奇形児が生まれたからって、、
仔犬をうませるにあたって
事前に良い環境を作っておこうなんて気はさらさらないんですね。悲しいことですね、まるで物扱い。。。

需要と供給、といいますか、、
私も「なんで犬にそんなに調べたり、お金払えるのかわからない」と言われることもあります。
けど、犬を迎えようと思う自分たちにも
もっと知識をつけてしっかり現実を見つめることも必要なんですね。それがひいてはかわいそうな子たちの為にもなることなのかも。

長くなりました。お話ありがとうございます。
またの更新楽しみにお待ちしてます。
  • nao
  • 2008/03/21 9:49 AM
naoさんへ

いつもコメントありがとうございます。

生き物に対する考え方で以前考えさせられたことがあります。九州で養豚をされてる方のテレビ番組でしたが、ある母豚が難産で今後出産ができなくなったのですが、その母豚はしばらくして売られました。そしてお金とその豚のお肉を少しもらい、その晩、その母豚に感謝をして家族で食べていました。犬と豚では全然違う・・・でも同じ生き物・・。とても複雑な心境でした。地方の大規模ブリーダーの中には以前に養豚や養鶏をやっていた方もいるようです。そうすると自ずから僕とは考えのベースが違うだろうな・・と思いました。

犬たちの画像は写真撮影の腕が良くないので(笑)、天気の良い時に更新しますね。。
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback