Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

フィギュアスケート

ロシアの時代がやってきた!〜スケートカナダ

 日本時間で今朝、女子ショートとペアが行われ圧倒的な点数のロシア選手でした。

ソチは真央ちゃんでも大変だな・・・
ロシア勢は、演技も衣装もボクの好み?というか・・・とにかく完璧
最近のロシアを巷では「おそロシア〜」と言われてるようです。

女子1位


ペア1位


女子4位・鈴木明子


ペア3位・高梨なるみ&マーヴィン


女子2位は大好きなアシュリーワグナー
今日は2位以下は混戦で長洲未来ちゃんでも5位です。


男子2位・高橋大輔の王者の風格によるトルコ舞踊♪


男子1位・スペインの貴公子フェルナンデス


男子5位・カザフスタンの星デニステン


  • 2011.10.29 Saturday
  • 06:25

フィギュアスケート

スケートアメリカ

 フィギュアスケートの大きな大会であるグランプリシリーズが始まりました。
シーズンの始めということと、今年は日本の震災で東京での世界選手権が1ヶ月延びてロシアで開催され、練習期間も1ヶ月短くなったせいか全体的に出来がよくありません。

印象の良いプログラムをいくつか・・・。

今井遥さんは去年もそれなりに活躍してましたが、去年までは元気の良い運動神経のいい女の子という感じでしたが、今シーズンにコーチを変えたことが影響してるのか、素敵な上品な女性の演技でした


次に去年からジャンプが安定しオードリーヘップバーンはシズにーという大人の女性の円熟の演技です。あっという間の至福の時でした


小塚崇彦の風の谷のナウシカです。今シーズンは、ジャンプの調子が上がらず点数は伸びませんでしたが、かなり演技力が伸びた気がします。

  • 2011.10.24 Monday
  • 00:21

フィギュアスケート

ネーベルホルン杯

 いよいよフィギュアのシニアの大会がドイツのネーベルホルン杯を皮切りに始まり、男子は東北高校の仙台の自宅が被災した羽生君が優勝、女子は日系アメリカ人の長洲未来ちゃんが優勝しました。

羽生君は、冒頭の4回転ジャップに失敗しましたが、中央アジアのタタール人(日本語でダッタン人)のスクリャービン(国籍はロシア)のエチュードの力強さ繊細さを見事に表現していました。
未来ちゃんはとてもエレガントで・・・一体誰の振り付け?という素敵な演技でした。





スクリャービンの曲は素晴らしい

  • 2011.09.26 Monday
  • 01:41

フィギュアスケート

ジュニアフィギュアのポーランド大会で感動した選手

 男子ですが、4位の宇野君と8位のチェコのペトル君が素晴らしかった!
チェコのペトル君は、多くの選手が自分の演技直前に準備するのに、同じグループの始めからリンクサイドでみんなの演技を見ながら自分の気持ちを高め体をアップしてました。
そして宇野君の演技の時には、声援を送ったり最後に拍手したりと人柄の良さに関心してましたら、演技も失敗はありながらも正統派で心を込めて一生懸命に演技をしていました。チェコにはベルネルやブレジナなどスター選手がいるので彼らの後を追いガンバって欲しいと思いました。元々チェコの首都プラハは戦前は「ヨーロッパの心臓」と呼ばれ美しい街並みが映像で見るたびにため息が出るほど感動してたので良い印象でした。



そして宇野君、多分ですが演技後の声援拍手が一番大きかったかもしれません。将来の高橋大輔を目指せ!


プラハ

  • 2011.09.18 Sunday
  • 23:52

フィギュアスケート

ジュニアグランプリ第3戦〜ポーランド

ポーランドの戦いが始まりジュニアに上がりたての13歳の宮原さと子ちゃんがショートでは2位です。この大会は男子も宇野君というジュニアに上がりたての子供のような選手が出場です。宮原さんと宇野くんは日本人から見ても幼い感じですので白人の人から見たら人形が踊ってるように見えるんだと思いますが、クスクス笑ってる人がいてとても不愉快です。
それぞれの大会で審査員が異なるので、比較はできませんが先週のブリスベンでは2人ほど日本人に厳しいジャッジがいたので今回は居ないことを願います。僕的にはブリスベンでは男女ともに金メダルの演技だっつたように思います。ジャッジに韓国人やカナダ人が入ると日本人にはすぐにマイナス付ける人がいます。シニアでは麻田真央ちゃんはかなり狙われてました。他の選手と同じように着地してるのに麻田&安藤の二人は回転不足判定ということもよくありました。世界からみれば日本人が強すぎることが気に入らない人もいれば韓国のジャッジのように日本人が嫌いな人もいます。



1位のロシアの選手。去年からロシアは凄い!!


日本時間の夜中に男子が終わり、木原君が3位、宇野君は8位でした。木原君はもう18才なので正直ガッカリな演技、初めての大きな世界大会に挑戦の13歳の宇野君はコンビネーションジャンプを転倒して点は伸びませんでしたが、音楽がトム&ジェリーを思わせるような感じで楽しく滑ってました。


ところで、昨日は韓国全国で大規模停電が起きパニックのようですが、案の定テレビではあまり報道しませんね。韓国の都合の悪いことはほとんど報道規制が敷かれる怖い日本です。民主党やマスコミに沢山の在日韓国人や帰化人がいるので、韓国の印象が悪くなることは極力控えめに報道したいようです。日経新聞なんて震災後に日本は電力不足だからと韓国への企業誘致を盛んに煽ってましたがどう説明してくれるんでしょうか?民主党なんてケーブルを日本海に敷設し韓国から電力を買うなんて馬鹿な事言ってたんですよ!!
  • 2011.09.15 Thursday
  • 21:20

フィギュアスケート

今年の浅田真央◆

 日曜の午後、シュナウザーのクロちゃんが三鷹市へと旅立ちました
今回のシュナウザー達は、川崎市・足立区・横浜市・三鷹市と比較的近くにみんな旅立ちました。

さて、最近の真央ちゃんの動画があがってました。

  • 2011.09.13 Tuesday
  • 14:20

フィギュアスケート

ジュニアグランプリ2戦〜ブリスベン

 男子はショートで岡山の☆で先シーズン世界ジュニアで銀メダルの田中刑事君が2位で今日の午後フリーがあります。
女子はフリーが終わり、安倍元総理の後輩にあたる三菱が作った成蹊中学の庄司リサちゃんが銀メダルを取りました愛知出身が多いフィギュア界で久々の東京出身の気品高い庄司さんの演技です。


田中デカ君、トリプルアクセルがすっぽ抜け残念ながら2位。

  • 2011.09.10 Saturday
  • 00:19

フィギュアスケート

高橋大輔 新プログラム

 5月に膝に埋め込んだボルトを抜く手術をおこないあまり練習が出来てないようです。新しいプログラムはトルコ?の音楽を使ってるようです。中央アジア〜エジプトの音楽を聞くと血が逆流するボクには好みの曲です。


そしてこの週末からジュニアのグランプリシリーズがラトビアから開幕しまして男子の日野龍樹(リュージュ)君というアルジェリアやブラジル系のハーフのような顔をした高校生が優勝しました。女子は残念ながら7位でした。
この大会は2位中国、4位韓国とアジア選手が大活躍でした。とはいえ技術面ではトリプルアクセルを飛んだのは日野君だけです。中国や韓国の選手は動きが良く踊りのセンスが日野君より良く演技構成点で稼いでるのでシニアに上がるとイマイチかもしれません、


高橋大輔の新しいプログラムのイメージ?


  • 2011.09.04 Sunday
  • 23:22

フィギュアスケート

女子フィギュア、ロシア復権の兆し。

 昨日まで、韓国でフィギュアスケートのジュニアの世界選手権が行われ、日本は女子シングルが5位・8位・12位、男子シングルが2位・10位・14位とギリギリ来年度も3枠が守れました。あとペアが3位でした。

今年のジュニアのレベルが非常に高く、特にロシア女子は地元ソチ大会でのメダル獲得のために育成をしてるようです。特に1位2にの二人は真央ちゃんの最大のライバルになるでしょう。まだまだ未熟さはありますが、スタイルの良さが真央ちゃん以上の人形のようなスタイル真央ちゃんがソチのためにジャンプの矯正にとりかかった理由がわかるような感じでした。

ジュニアはテレビ中継があまりなく動画の質が良くありませんが、、、
2位のエリザベータ選手、気品と高いジャンプと隙のない動きが素晴らしいです。真央ちゃんや安藤さんと同じようにどこの動きを切り取っても美しい


1位のアデリーナ選手


ただ、女子はシニアに上がる頃に体重コントロール・身長等でジャンプが飛べなくなる選手もいるのであくまでもあと順調にいけば・・・ということになるとは思います。

あとは男子では16才の田中刑事君がアメリカの強豪を抑え2位になりました。
  • 2011.03.06 Sunday
  • 10:55

フィギュアスケート

フランス杯EXの真央ちゃんとロシア杯ペアで頑張る日本女子。

 フランスは照明のセンスは良いし企業の広告も色を統一させリンクが選手を寄り引き立たせてくれます。普通は5位の選手は自国の選手以外はエキシビジョンには呼ばれませんが真央ちゃんは呼ばれたようです。


ロシア杯のペア競技で1位と2位は女性は日本人です。1位の男性はロシア人でロシア代表、2位はカナダ人で日本代表として出場しています。




フィギュアスケートではありませんが、先日のブエノスアイレスでのタンゴの世界選手権で優勝したペアは女性は日本人でした。


16歳で恋人同士で1000キロ離れたブエノスアイレスへタンゴのために上京しアルバイトをしながら頑張ってる2人です。3年間タンゴとアルバイトの生活でやっと決勝は突破しましたが入賞はできませんでした。是非とも2人で夢を果たして欲しいですね。
  • 2010.11.29 Monday
  • 13:43